猿から学ぶストレス反応について

ストレスは悪いものと決めつけていませんか?今回、ストレス反応について知ることにより、認識がかわるかもしれませんよ。

戦うか逃げるか?

普段、私たちは心理的要因、心理反応をストレス言っています。

だが、120年前から研究の心理学では生理反応をストレスの定義にされています。

なぜでしょうか?

それを紐解くのが動物です

動物は心理的な作用がないとされているため青色の心理要因・反応が含まれません。

動物にあるのはオレンジの生理要因・反応のみです。

では動物がストレス(生理的要因)がたまるときはどんな時でしょうか?

すぐにイメージができるのは天敵に襲われそうになった時ですね。

自分自身を守りために体をも守るように防御反応【ストレス反応(生理反応)】により体に変化が生じます。

例えば猫を想像してください。

毛が逆立って目を大きく見開いて、爪が伸びて引っ掻く姿など想像しましたね?

ストレス反応は

自律神経系

内分泌系

免疫系

が働くことにより短期エネルギーを確保しそれぞれの系統の身体の反応を発生させます。

この例えからも、ストレスはエネルギーになることがわかるはずです。それにより、あなたは現状維持し生き続けることができます。

しかし、今の次代は基本的には命の危機や外敵から狙われることはありませんのでそこまで

もちろん、目に見えない敵であるウィルスや細菌などが身体に侵入してきたりするので、ストレス反応は必要です。

ですのでストレスは有りすぎても無さ過ぎてもいけません。

戦うか逃げるか?

普段、私たちは心理的要因、心理反応をストレス言っています。

だが、120年前から研究の心理学では生理反応をストレスの定義にされています。

なぜでしょうか?

それを紐解くのが動物です

動物は心理的な作用がないとされているため青色の心理要因・反応が含まれません。

動物にあるのはオレンジの生理要因・反応のみです。

では動物がストレス(生理的要因)がたまるときはどんな時でしょうか?

すぐにイメージができるのは天敵に襲われそうになった時ですね。

自分自身を守りために体をも守るように防御反応【ストレス反応(生理反応)】により体に変化が生じます。

例えば猫を想像してください。

毛が逆立って目を大きく見開いて、爪が伸びて引っ掻く姿など想像しましたね?

このようにストレス反応は身体に見えるように変化するものもありますし、体の中で変化するものもあります。以下の3つに分類されます。

体の中で起きている3つの変化とは

ストレス反応は

自律神経系

内分泌系

免疫系

が働くことにより短期エネルギーを確保しそれぞれの系統の身体の反応を発生させます。

それにより、人は自律神経系の働きにより強い拍数が増加し、手や足に汗をかきます。

内分泌系の働きによりアドレナリンが分泌します。

そして免疫系が働き白血球が増加し体の中の菌を攻撃しやすい状態にします。

短期エネルギーとこの過程を人間の祖先であるサルで考えてみるとわかりやすいです。

例えば、猿がストレスを感じる時は

青空を悠々と飛んでいる鷹が木の上で腰を掛け葉を掴んでいるサルを見つけました。

サルは鷹に見つかったことを知り、葉を離しました。

猿の身体は危険を察知して身体が俊敏に動くようにアドレナリンを分泌することにより、逃げる準備をしました。

それにより心拍数があがり全身に血液を回し、酸素と栄養をいきわたしました。

そして、右手を握るのに丁度よい枝をみつけ、反動をつけて、にぎりました。

手から汗をかいていたため滑り止めになり。次々と枝を変え、一目散で逃げました。

しかし、鷹はあきらめませんでした。

猿を真下から追いかけ猿の肩口から攻撃をし、猿の肩から血が右の背中にかけて、たらりと流れています。

猿は痛みを我慢し目の前に木の洞をみつけ、その中に逃げ込みました。

その中には鷹は侵入できず、鳴き声を上げて威嚇を続けましたがあきらめ、飛び立っていきました。

肩は痛み真下が、猿の身体は白血球がたくさんでていましたので菌が体の中まで侵入せずにすみ、しばらく血が止まるまでゆっくりし、猿はその晩はそこで休みました。

一日たち体調は悪くならずにすみ、すぐさま脱出できたため、鷹に狙わずに済み、いつもの生活にもどりました。

ストレスは敵ではない

この例えからも、ストレスはエネルギーになることがわかるはずです。それにより、あなたは現状維持し生き続けることができます。

しかし、今の次代は基本的には命の危機や外敵から狙われることはありませんのでそこまで

もちろん、目に見えない敵であるウィルスや細菌などが身体に侵入してきたりするので、ストレス反応は必要です。

ですのでストレスは有りすぎても無さ過ぎてもいけません。

最後に

ストレス反応は、本来あなた自身を生かすためのものですが、現代は余計にストレス反応が出てしまっていることがほとんどです。

体に症状がでる自律神経失調症

心に症状がでる双極性障害や感情のコントロール困難など

常に仮想、現実のストレッサーから攻撃をあなたは、うけています。

それに対処するには、

ストレッサーへの、抵抗力をつける。

ステレス反応への、回復力をつける。

ステレスは扱い次第で敵にも味方にもなります。

あなたらしく、生きていくためにもステレスに悩んでいるのなら、管理の仕方を学ぶと良いと思います。

最新情報をチェックしよう!