コンディショニングについて

コンディショニングとは?

あなたはコンディショニングをしていますか?

今回、コンディショニングとは何か?を伝える上でまずは、コンディションについて必要性があります。

コンディションを整える

コンディショニング 【conditioning】
調整。調節。体調や環境などをととのえること。

三省堂 大辞林 第三版
 

コンディショニングはコンディションを整えることです。

別の言い方だと、身体の調子を維持、よい状態に整えることをさします。

普段、コンディショニングは以外と身近なものであり、無意識に行っています。

例えば、日常生活で睡眠や食事を摂ること、日中働いて身体を起こすこと、シャワーやお風呂に入ったりすることです。

また、意識的にも身の回りの環境を整えたり、習慣や願掛け(ルーティーン)をしたりしています。

このように、自分の身体を作ったり、集中やリラックスしたりしてONとOFFを上手く使いわけています。

このONとOFFが上手く働かなくなると一般的にいうコンディションは悪くなります。

パフォーマンスが良い状態にする

この状態はなんだか心地が良くないですよね、例えば体の痛みや疲労感、動きや動作のぎこちなさ、体が重い、思考が整理されない、気分がすぐれない、緊張や不安、怒りなど挙げると沢山でできますね。

この心地が良くない状態を起こさない、もしくは状態を回復させることが必要となってきます。この工程を子行うのがコンディショニングです。

要は、あなた自身が健康的な状態、なるべくパフォーマンスが良い状態を保つために行っていることがコンディショニングとも言えます。

色々なコンディショニング

それを踏まえて、さらに良い状態を目指すためのコンディショニングや、コンディションが崩れた状態(痛みや疲労感)を減らすためのコンディショニングは個人の好みや相性などによってやり方は決まっていきます。

ボディーワーク(ヨガ、ピラティス、フェルデンクライスなど)をして気づきを得てコンディショニングする人

ランニングやトレーニング・リハビリを行いコンディショニングをする人

マッサージやストレッチや整体、治療をして身体を緩ませることでコンディショニングをする人

身に付ける道具や練習環境を変えてコンディショニングをする人など

このように、体、心、環境、物、生活習慣に関して、少ない要素は足したり、多過ぎる要素は減らしたりし、現状を見直すことによりパフォーマンスを良い状態にすることを目指します。

コンディショニング方法は多く存在していますが、どのコンディショニング方法もあなたの身体の調子が整っていれば正しいものです。

neutra のコンディショニングの考え

それを踏まえて、neutralでの情報発信は貴方に合うコンディショニングを見つけるため土台になるように発信しています。

また、neutralはコンディショニングは本来あるものを引き出す、潜在的に持っているものを引き出す結果、身体のパフォーマンスが上がると考えています。

この引き出すというのは、トレーニングと比較するとわかりやすいです。

トレーニングは強化のため新しく付け加えることが多いと思います。例えば筋肉をつけたり、身体に負荷をかけて頑張ることが多いです。

コンディショニングは効率の良い身体の使い方を引き出すため、身体の負荷が少なく頑張らないで行います。

治療とコンディショニングも似たようなことが言えます。

治療はどちらかというと受容的で、従うということが多いです。

前半でお伝えしたようにコンディショニングは自分自身で普段行なっているものです。僕のサポートは、なんらかの理由で滞ってしまった身体の環境を整えるサポートということになります。

それにより、自己治癒力を引き出したり、痛みが出にくいように動きや動作を整えたりする結果パフォーマンスが上がります。

トレーニング、治療ともに、コンディショニングは両方の要素が含まれているので明確には分けることが出来ませんが整理をするという上でこの様なことが言えると思います。

パフォーマンスか上がった結果、貴方の目的達成、自己実現の過程をサポート出来ればと思います。

最新情報をチェックしよう!